運輸安全マネージメントに関する取り組みについて 安全管理規程

日下部観光バス 運転安全マネジメント & 安全管理規定

1. 輸送の安全に関する基本的な方針
  1. 弊社にとって、安全輸送が根幹であると深く認識し、最優先します。
  2. 経営トップは、現場の安全の声に対し真摯に耳を傾け、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  3. 弊社は、輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善を確実に実施し安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
2. 輸送の安全に関する目標及
  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、法令関係及び安全管理規程に定められた事項を遵守する。
  2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を、積極的かつ効率的に行うよう努めること。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じること。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適格に実施すること。
3. 輸送の安全に関する目標及び達成状況

年度目標(自動車事故報告規則第二条に基づく報告事故)

年度:平成30年度
区 分 目 標
人身事故 今年度目標:0件
物損事故 今年度目標:0件
車内事故 今年度目標:0件
車両故障 今年度目標:0件

輸送の安全に関する目標に対する目標に対する達成状況(平成29年4月~30年3月)
(自動車事故報告規則第二条に基づく報告事故)

年度:平成29年度
区 分 目 標
人身事故 前年度目標:0件
前年度実績:0件
物損事故 前年度目標:0件
前年度実績:0件
車内事故 前年度目標:0件
前年度実績:0件
車両故障 前年度目標:0件
前年度実績:0件
4. 輸送の安全に対する設備投資
  1. 先進安全自動車(AVS)の最新車両の導入
    (衝突経験装置、車線逸脱警報装置、ふらつき注意喚起装置)
  2. 乗務員休憩施設の改築
  3. 専門機関での乗務員教育
  4. 健康起因事故防止対策(脳MRI検診、睡眠時無呼吸症候群検診)
5. 輸送の安全に関する計画並びに教育・研修
  1. 年間乗務員教育計画に基づき、事故防止及び安全教育を実施
  2. デジタコグラフ及びドライブレコーダーの記録を使った指導
  3. 安全対策会議の実施(年3回、全国交通安全運動に合わせて実施)
  4. 専門機関による乗務員教育の実施
  5. 冬期装備の点検と雪上走行訓練の実施
6. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

組織体制及び指揮命令系統はこちらをご覧ください。[PDF:34kb]

7. 事故・災害等に関する報告連絡体制

重大事故・事件発生時の緊急連絡体制はこちらをご覧ください。[PDF:90kb]

8. 安全管理規程

安全管理規程はこちらをご覧ください。