運輸安全マネージメントに関する取り組みについて 安全管理規程

日下部観光バス 運転安全マネジメント & 安全管理規定

1. 輸送の安全に関する基本的な方針
  1. 弊社にとって、安全輸送が根幹であると深く認識し、最優先します。
  2. 経営トップは、現場の安全の声に対し真摯に耳を傾け、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  3. 弊社は、輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善を確実に実施し安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
2. 輸送の安全に関する目標
  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、法令関係及び安全管理規程に定められた事項を遵守する。
  2. 輸送の安全に関する費用支出及び投資を、積極的かつ効率的に行うよう努めること。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じること。
  4. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
  5. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適格に実施すること。
3. 輸送の安全に関する達成状況

平成28年度達成状況(平成28年4月1日~平成29年3月31日)

目標
人身事故件数(前年0件) 0件
有責物損事故件数(前年5件) 0件
自損事故件数(前年10件) 50%削減
達成状況
人身事故件数 0件
有責物損事故件数 3件
自損事故件数 10件
4. 輸送の安全に対する設備投資

平成28年度

目標
全車両ドラブレコーダ搭載(前年100%)
全車両デジタコ搭載(前年100%)
衝突軽減装置装着車両(前年度60%)90%(小型・マイクロを除く)
達成状況
全車両ドラブレコーダ搭載 100%
全車両デジタコ搭載 100%
衝突軽減装置装車両 80%(小型・マイクロを除く)
5. 輸送の安全に関する計画並びに教育・研修
  1. 年間乗務員教育計画に基づき、事故防止及び安全教育を実施
  2. 山梨県バス協会主催「乗務員の接客サービス講習会」へ参加
  3. 全従業員に年1回の健康診断を山梨厚生病院で実施
  4. 全乗務員が定期的(3年以内1回)適正診断をNASVAにて実施
  5. 全社員が消防署実施の救急救命講習を受講する
6. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

組織体制及び指揮命令系統はこちらをご覧ください。[PDF:34kb]

7. 事故・災害等に関する報告連絡体制

重大事故・事件発生時の緊急連絡体制はこちらをご覧ください。[PDF:90kb]

8. 安全管理規程

安全管理規程はこちらをご覧ください。

平成29年度目標

輸送の安全に関する目標

  1. 人身事故件数 0件
  2. 有償物損事故件数 0件
  3. 自損事故件数 50%削減

輸送の安全に関する設備投資

  1. ドライブレコーダ全車搭載
  2. デジタコ全車搭載
  3. IP無線を全車搭載
  4. 安全装備(衝突軽減装置、車線逸脱警報)装着車両への入れ替え
    大型5両、中型4両、小型1両
  5. シートベルト着用リーフレットの掲示と案内用DVDを全車搭載
  6. 専門機関による乗務員教育

輸送の安全に関する計画並びに教育・研修

  1. 年間乗務員教育計画に基づき、事故防止及び安全教育の実施
  2. 「乗務員の接客サービス講習会」等への参加
  3. 全従業員に年1回の健康診断の受診と健康指導の実践
  4. 全乗務員が定期的(3年以内毎に1回)に適正診断(一般・適齢)の受診
  5. 運輸安全マネージメントセミナーへの参加

交差点 左右の確認 最徐行で歩行者保護

  1. 交差点では左右の確認をし、最徐行で歩行者保護で事故回避
  2. 出発前の挨拶とシートベルト着用案内を確実に実施し車内事故防止
  3. プロ意識を持って運転し、無事故・無違反を達成